MENU

顎まわりニキビ、吹き出物の原因と治療方法とは

<顎まわりニキビ・概要>
ニキビは身体中にできるものですが、特に集中して発生しやすい部位が、顔の部分です。
特に顎まわりニキビでは皮脂の分泌が多いことが主な原因であり、思春期を迎えることから目立ってくるようになります。

 

顔の部分でも、人によってできやすい部位、あまりできない部位にわかれます。
思春期から大人まで、よく悩まされる部位として、顎まわりがあります。
顎まわりニキビの原因とは、皮脂の分泌量だけとは限りません。意外にも他の原因が隠されています。

 

ホルモンバランスの乱れ、ストレス、ターンオーバーの乱れによって、顎まわりにニキビが発生します。ちなみにニキビは吹き出物といわれることがありますが、どちらも同じものです。昔は大人になってからニキビができると、吹き出物と呼ばれる例が目立ちましたが、現在では大人ニキビの言葉がよく使われます。

 

大人ニキビは顔の下の部分にできやすいのが特徴ですので、顎まわりニキビは大人になっても悩まされる症状の代表例だといえます。
ホルモンバランスの乱れ、ストレス、ターンオーバーの乱れなどは、大人になるとよく起こります。

 

ホルモンバランスが乱れたり、ストレスがたまると、肌の抵抗力が落ちます。さらに新しい肌に生まれ変わるターンオーバーが乱れることによって、角質が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなります。詰まった毛穴に菌が繁殖し、炎症を伴うニキビが発生します。顎の周囲はシーツや頬杖などで汚れが付着しやすい部位ですので、余計に菌の繁殖を促してしまいます。

 

顎の部分は乾燥しやすいという原因もあります。乾燥すると皮脂の分泌が過剰になります。皮脂はニキビの菌の餌になりますので、注意が必要です。

 

顎まわりニキビの治療方法とは、皮膚科などの医療機関で処方される薬を用いたり、市販のニキビ治療薬を用いるのが一般的です。
軽度の症状ならば、市販のニキビ治療薬で簡単に治ってしまうことがあります。洗顔をしてから適量をつけて、患部を清潔に保ちます。

 

ニキビ跡をできるだけ残さずに、早く治したいのであれば、医療機関での治療をおすすめします。
ステロイド剤や抗生物質などを用いて殺菌し、炎症を鎮めます。

 

一般的な皮膚科での治療の他に、美容皮膚科で治療を行う手段もあります。

 

美容皮膚科では肌を美しくする治療も同時に受けられますが、保険適用外の治療方法が主になるため、費用が高額になるというデメリットがあります。
顎まわりニキビ治療の目的だけなら、安く治療できる一般の皮膚科でも十分です。